将玻璃作为一种艺术传递到生活之中 | 日本手工艺人冲田奈央(Nao Okita)作品精选


日本玻璃作家(ガラス作家)冲田奈央,出生于日本茨城县,毕业于日本武藏野艺术大学玻璃专业,2012年在东京成立自己的工作室“Nao Okita glass works”,并自建了烧制玻璃的“窑”,手工制作生活玻璃(硝子)器物和配饰

冲田奈央以女性的细腻,将四季的变化之美,融入到设计里,让玻璃作为一种艺术传递到生活之中。


作品:@naookitaglassworks




Nao Okita glass works



朝の日差しの白さ / 湖の近くでサーサーと降る雨 / 真っ赤なベルベット / 暖かい無 ...
四季の風景や音楽に触れたときに 心に浮かぶ色の重なりを
ガラスの一枚絵で表現し、器やアクセサリーなどのプロダクトに成形。
生活に溶け込むアートピースとしてお届けしています。

制作には窯でガラスを焼き溶かす"キルンワーク"の技法を用い、ひとつひとつが手作業です。
手作りだからこその心地良いフォルムのゆらぎを大切にし
凛とした素材感の中にも、やわらかな情緒のある佇まいを目指しています。























标签: 日本 玻璃 手工
关于作者
造物 手工鞋履爱好者
  • {{ comment.commentator.username
    漂亮
    2017-10-22 17:34
  • 阿辛

手工客帐号登录

手工艺人和设计师的兴趣分享社区

iOS、Android 均可扫码下载 APP